2019年04月21日

雲上の人になる

イヤ雲中か・・・♪

関戸橋の自転車フリマか雪山の雷鳥か悩んだ末の立山室堂行き。
こちら徒然日誌では主に風景などを楽しんで頂けたらと思います。

扇沢トロリーバス乗り場、上の方はガスってますね(-_-)
20200418_0550_01.jpg


バス停辺りは、かすかな残雪が有りました
20200418_0614.jpg


立山室堂までの乗り継ぎ案内図
20200418_0634.jpg


始発トロリーバス待ち
2019419立山室堂_190421_0012.jpg



サクッと(笑)黒部ダムまで移動しました。
20200418_0755.jpg


ダム湖上をトボトボと老骨に鞭打って歩くGさん
2019419立山室堂_190421_0015.jpg


更にケーブルカーとロープウェイ・トロリーバスと乗り継いで
目的地現着ですが、写真のようにお手上げ状態です
20200418_0923_02.jpg


それでも、僅かな望みを抱いてスタンバイ
2019419立山室堂_190421_0007.jpg


ほんの一瞬、暴風で払われた霧の向こうに微かな鳥影が・・・
20190419_1457_08.jpg
(トリミング及びカスミ除去等の補正して何とか観られる画像に)


宿泊先のみくりが池温泉も目の前なのに(^ ^;
2019419立山室堂_190421_0041.jpg


霧・強風・温泉、そして夕食後の窓からは
2019419立山室堂_190421_0020.jpg
明日の好天を期待させるように・・・♪


待ちに待った好天の朝はパノラマで
IMG_5029120190419.jpg


この向こうに雷鳥の姿が・・・
7M201642.jpg


日本海を望む
20190420_0729_01.jpg


立ち塞がる、神々しいまでの峰々
20190420_0836.jpg


その足元に・・・
20190420_0859.jpg
雷鳥が居た〜♪


遠く、能登半島からの日本海
20200419_1112.jpg


雷鳥飛来までひたすら待つ
IMG_5035120190419.jpg


この雄大さは、パノラマでさえ表しきれない。
IMG_5034120190419.jpg


後ろ髪惹かれる(無いけどね、プププッ)帰り道。
IMG_505120190419_1.jpg


息も絶え絶え歩きながら写真を撮るふりをして休んでいると
IMG_505120190419_2.jpg
ピースサインで、シッカリ観られていました・・・(^ ^;

パノラマ写真は是非画像をクリックして、大きな画で御覧ください。

今回の遠征
改めて高山は(2,400km)空気が薄いと感じました。
ただでさえ排気量は軽自動車並みなのでご一緒していただいた鳥友さんには迷惑をかけっぱなしでした。
特に、往復とも車の運転をして頂いたN氏には感謝感謝です。

雷鳥画像は 『どくさん.net・鳥バカ日誌U』 で。
絶賛現像中に付き公開は未だ掛かりそう・・・m(__)m


posted by Dokudami at 21:53| Comment(2) | 日記・コラム・つぶやき
この記事へのコメント
すご〜い!!!
圧巻ですね〜
日本じゃないみたい!
スイス行った時を思い出しました。
この雪〜雪!日本て長い地形の国で
四季ある素晴らしい国ですものね。

それに!雷鳥さん!
以前、旧サンニッパさんちで拝見して
以来です。
厳しい環境の中でけな気に生きてますね。
ガスってるのもクリアなのもほんと素敵!
私も行ってみた〜い!
Posted by アプシー at 2019年04月22日 10:52
こんばんは、アプシーさん。

私もこんな景色は、スキーで良く行った上越以来です。
もう既に15年程スキーには行ってないので雪山は15年振りということですね。
まさに圧巻の雪山景色でした。

雷鳥は、その旧サンニッパさん達と行ったのです。
最後の写真、右側にポツンと写っているのが彼です。
他にも4枚目の右側の青い服、私がレンズをぶら下げている写真の左に小さく写った青い服もそうですね。

雷鳥は初めての撮影で中々良い写真が撮れなかったです。
少しづつ現像中ですが、良い画を探すのに苦労してます・・(^ ^;
Posted by Dokudami at 2019年04月22日 18:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。